6~8ファーデーン編

3話いっぺんに見ないと連動してるのでひとまとめに…。

6「ファーデーンの光と影」

強いられているんだ!
ばっかりクローズアップされるけどやっぱりイワークさんの体格といいインパクトが全部持っていくので感想の書き用がない…。
カッコイイヒートスコップと。でもこの人の存在自体は全く重要ではないんだよね…。

見落としがちな点ではあるけど重要なのはザラムとエウバのMSがジェノアスよりよほど高性能だということ。
ジラとかエルメダヴェインガンからエグザDBの内容をフィードバックしてあるという。
なので、基本性能は高く戦力としては強いはずだが渡された武器がへっぽこなのでサバゲ部にしかならいという…。

ある意味バーチャロン的なショーなわけで、その上の階層に住む金持ち連中に対して腹立てているイワークさんはある意味すごくめんどくさい人かもしれない。
大体の人が無気力にやり過ごすように暮らしている。

そんなファッション戦争中にフリットが連れてきたヴェイガンでどう変わるかがキモ。
いまはとりあえず二人、ついでにイワークさんもだけど自分の利益しか考えてない。

7「進化したガンダム」

初登場バクトがやたら動く。
ドッズも聞かないしこりゃ勝てなくても仕方ないよね…。

二人を説得するも今の段階では説得できないフリット君。
ということでタイタスの出番だー!

地味に偽艦長がこんな時にフリットに内情をみせたりする。
この人も地味に人をのせるのがうまい。

8「決死の共同戦線」

開幕ビームラリアット!

本当の戦闘を見せられてやっと気がつくサバゲ部二人。
慣れ合った二人なので割りとあっさりと協力できるあたりサバゲ仲間感が半端ない…。

そして伝説のバクト小キック!
マジ小足だかんな!

フリット君はバクト3機に冷静な戦力分析と指示ができるあたり指揮官としての鱗片も見せてたりして面白い。
そして全部をかっさらっていくウルフ隊長であった…。

地味にフリットがサバゲ部二人を的確に指揮したり、指揮官としての鱗片を見せたりしてる。
ウッソ君以上に怖いガキだよ…。

じゃあファーデーン編ってなんなの?

ともかくかったるいファーデーン編で重要なのは…
以外に多かったりする。

・強いられているんだ!
・連邦軍以外にもMSを所有する勢力が地球圏内に存在する
・フリット以外のMS鍛冶が居る
・ヤーク・ドレに対しての言及
・銀の灰以前の技術に関しての言及
・ディーバの戦力確保
・AGEシステムがウェアを作った